スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年8月26日(火)昼までの値動き

ドル円日足は移動平均線とともに順調な上昇が見て取れる。

しかしテクニカルによっては下落を示す様子もあり、どちらに振れてもおかしくなさそうだ。

上昇の目処まずは111円か。
下落は108円90銭を明確に割ると一旦の調整下落が加速しそうだ。

長期トレードなら少し様子見か。
スポンサーサイト

2008年8月21日(木)昼までの値動き

まだ調整下落の範囲内とは言え、下落を示すテクニカルも散見される。

サポートは109円50銭、109円、108円67銭あたりか。

現在は109円65銭あたりを推移。

2008年8月18日(月)朝までの値動き

週末は110円66銭まで高値更新。
現在は110円台前半を推移。

日足以下のレベルでは目的値を確認できないくらいに上がりきっている。

週足はついに雲の中へ入った。
このレベルを9月半ばまで維持すれば雲を上抜けることになり、
中期的には114円を目指すことになる。

まず今週は111円前半を突破できるかどうかに注目。

2008年8月14日(木)朝までの値動き

日足は強烈な下ヒゲをつけた。
時間足ではダブルボトムが形成されている。

上がりそうで上がりきれていない様子もある気になる。

現在109円30銭あたりを推移。
午後以降までこのレベルを保てればかなりの上昇も期待できるが、
現段階では上値109円台後半が重そうである。

テクニカルは上昇継続だがやや弱ってきている。

2008年8月13日(水)朝までの値動き

ドル円は上ヒゲと大きめの陰線。
110円37銭を最高値として下落してきたが、まだまだ調整下落の範囲内。
現在109円30銭あたりを推移。

他通貨、かなりの円高圧力となっている点に注意したい。

2008年8月11日(月)朝までの値動き

ドル円はターゲットとなる110円を達成した。
中期的な予想の通りになった。

今週は110円31銭で上に窓を開けて始まった。

上昇力が強いことは評価できても上昇スピードが早いのが若干気になる。
110円後半にはレジスタンスがいくつかあり重そうである。
逆にここを難なく突破した場合はさらなる上がのぞけることになる。

調整的な下落には注意が必要。108円台中盤までは調整範囲内。

2008年8月8日(金)朝までの値動き

強い、陰線であるが下ヒゲをつけ109円台を維持。

日足で見てもフラッグを形成しているかのように見えなくもない。
この後さらなる一段上げがあるのか。

週足から目指すところは110円中盤あたりか。

但し週末要因あわせ、調整的な下落には注意したい。

2008年8月7日(木)朝までの値動き

日足は大きな陽線で引けた。

ついに上方ブレイクという感じか。最高値は109円87銭、110円目前である。

現在は109円40銭あたりを推移、強い。
109円台をつけたのは本年1月11日以来、7か月ぶりとなる。

108円60銭近辺は2月、6月と何度ももみあったレベル。
そこを明確に上抜けた意味は大きいのかもしれない。

2008年8月6日(水)昼までの値動き

FOMCでは金利据え置き中立的な立場であり、株価は上昇。
これを受けてドル買い有利になっている。

現在108円30銭あたりを推移。少しづつではあるが高値更新してきている。

ここからどれだけ上昇できるかが問題であるが上ヒゲが多く上値も重そうだ。

上昇基調には変わりないが調整的な下落に注意。

予測は困難だが大きく上ぶれる材料も無さそうでやはり109円台へは届かないのか。

2008年8月1日(金)昼までの値動き

108円36銭と確実に高値を更新してきている。

今夜は雇用統計。

21:30と23:00の指標の結果次第では109円台、もしくは暴落、
といった大きな値動きも予想される。

クロス円は総じて軟調な傾向。
ドル円こそ底堅いが、いつ崩れてもおかしくないようにも見えるため予測しにくい。

まずは今夜が大きな節目になるかもしれない。
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。