スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月16日(日)夜における来週の展望

緊急金融サミットは閉幕。
特別なサプライズもなく為替への影響も限定的と見る向きが多いようです。

具体案、改善案が無く失望売りが加速するか、それともサミット開催を好感して買いが入るか、少し見極めが必要かもしれません。

サミットだけでなく株価に敏感に反応する相場は続きそう。

普段、週足はほとんど見ませんが、週足などを見ながら来週の値動きを簡単に予測しておきます。

【ドル円】
週足は下落の戻しを終えて明日から再び下げることを示唆している。
日足を見ても98円30銭辺り上値が重い。
下落の目処は92~93円あたり。最安値90.8を更新すると80円台突入。

逆に98円30銭を越えて、100円50銭も越えて上昇するのなら、目先のターゲットは103円付近。

日足の水曜と木曜が二番底になったのかを見極めたい。

【ユーロ円】
週足は下落を示唆している。

下落とは言え、上昇もありえる内容。
126円70銭を明確に上抜けることができれば、その後のターゲットは140円付近。

下落は117円60銭を明確に割れるか、そして最安値113.6を割れるか。

日足の水曜と木曜が二番底になったのかを見極めたい。
最安値113.6を割れるとさらなる下落となりそう。

【豪ドル円】
週足は下落を示唆している。

下落とは言え、上昇もありえる内容。
60円を明確に上抜けることができれば、70円50銭へトライすることになる。その後のターゲットは75円付近。

下落は60円を明確に割れるか、そして最安値54.9を割れるか。

日足の水曜と木曜が二番底になったのかを見極めたい。
最安値54.9円を割れるとさらなる下落となりそう。

【ポンド円】
週足は下落を示唆している。
戻しの目処としては150円、155円、160円。
これらを明確に越えるなら165円以上が可能になる。

下落する場合、木曜日の138円77銭の最安値を更新することが第一条件。
暴落が再び来るなら128円~118円あたりまで落ちるか。

このまま日足ダブルボトムで急上昇していくのか、安値を更新して下落継続なのかを見極めたい。

【ポンド米ドル】
週足は下落を示唆している。

木曜日の最安値1.455を更新してくることが考えられる。
戻りの目処は1.52~53、1.58、1.61か。

外国為替証拠金取引なら外為オンライン

マネーパートナーズ(公式) 手数料無料、スプレッド3銭、100%信託保全

信用と実績のセントラル短資FX

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。