スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年11月23日(日)夜における来週の展望

アメリカの自動車会社GM(ゼネラルモーターズ)の経営再建に注目が集まっています。

救済法案が通るのかそれとも経営破綻となってしまうのか、これによって株価・為替ともに大きく影響を受けそう。

最も響くのはドル・ストレートですがクロス円にも余波以上のものが考えられます。
あくまで相場が大きく動くきっかけのひとつとして挙げてみましたが、ローソク足がここまで持ち合ってきましたので、大きな値動きもあり得そうです。10月のリーマンショック的な第二の大波が来るのでしょうか・・・

ファンダメンタルズ分析はこのくらいにしまして、予測はあくまでもテクニカルで行きます。

では週足を見ながら来週の値動きの展望を。

【ドル円】
週足は十字線になった。終値はボリンジャーバンドの-2σ付近に位置している。
下げようとしているが、この1か月近く下がり過ぎた分だけ何とかとどまったという格好か。
テクニカルはまだ下落を示している。
三角持合であるので大きく上昇か下落が近いのかを示唆している。

日足を見ると2番底だった94.45が木曜日明確に割れたにもかかわらず、金曜日は安値更新どころか上昇となり、終わってみれば行って来い。

理解し難い展開であるが、今週末には上に見える雲がぐっと近づいて降りてくる。これが何を意味するのか97円中盤に注意したい。
週足は最安値90.82を破ることを見ているようにも見えるがどうなることか。

【ユーロ円】
テクニカルはやや下落を示している。
三角持合であるので大きく上昇か下落が近いのか。
130円付近へ切り下がってくる雲にはね返されるのか。

【豪ドル円】
テクニカルはやや下落を示している。
三角持合であるので大きく上昇か下落が近いのか。
68円付近へ切り下がってくる雲にはね返されるのか。

【ポンド円】
週足はコマのようになった、同意のない値動き。
サポートラインを下ヒゲで留まった先々週から、先週はそれを越えられずレジスタンスになったように見える。
だとすれば上値は相当に重い。148から上ヒゲで150近辺が天井になるか。

日足は揉みあい、やや上昇を示している。
レジスタンスを引いてみると、これに沿って綺麗に上値を切り下げてきている。来週もこれが意識されそうだ。

持ち合いが続いている暴落か暴騰が近いようにも見える。

【ポンド米ドル】
テクニカルはやや下落を示している。
週足を見る限りは1.5250付近で上に蓋をされたようにも見える。
それは日足でも同じでさらに上ヒゲがレジスタンスに跳ね返されて重そうだ。

外国為替証拠金取引なら外為オンライン

マネーパートナーズ(公式) 手数料無料、スプレッド3銭、100%信託保全

信用と実績のセントラル短資FX

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。