スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年4月14日(月)週明けの値動き

少しだけ窓が上に空きました。
先週末の終値100円92銭より31銭円安の101円23銭でスタート。

G7での為替の発言からもっと大きく上に窓が開いて始まると予想して
いましたが影響は限定的でした。
それでも意識はされたと見てよいはずです。
今週はアメリカの金融機関の決算が相次いで発表になります。
サブプライムの発信源ですので注目度大。
既に織り込み済みという見方もありますが、スルーはされないはず。
織り込み済みや資本増強によるドル買いへの振れもありえないことはないですが、
基本は下落、円高加速のきっかけになるという意見が多いようです。

さらに指標にも注意。
さっそく今晩、日本時間21:30に米小売売上高が発表となります。
これがトリガーになるか。

現在は、101円前半で推移、最高値101.50、最安値100.94です。

壮絶な円高加速への準備状態なのか、それともゆるやかな円安への底固めか。
どちらにしてもポジション調整、様子見と言った感があり、なんとも予測しようが
ない雰囲気です。日足のRSIも51~55くらいですのでやはり方向感がないようです。

個人的な予想としては日足での雲へのアタック含め一旦の調整上げでの円安を見ていますが、
102円台に存在する上値は重く、よほどのパワーを溜め込んだ超上昇がなければ
103円以上は見えないのかもしれません。

円高が加速した場合の底に関しては、底無しという意見もあるようですが、目先、
ドルの底堅さやG7発言から来る介入の恐れから今週一気に95円を目指していくことはない
と見ています。
(中期・長期的には円高、90円台もありえるでしょうけれど)

ひとまず先週、踏みとどまった100円00銭がポイントかもしれません。
心理的にも桁が変わるわけですが、ここが崩れたら底堅さも意味がなくなりそうです。

今週も100─103円のレンジ推移となりますか、それともどちらかへレンジブレイクか。
101─103円維持で来週は雲の中へ、一時的にでも雲の上へ顔を出せるか。
逆に今週末100円を割って終われば当分の間は二桁中心の相場になりそう。

今日からの一週間が、今後の中期的な流れに影響を与える岐路に来ている
のかもしれません。

外国為替証拠金取引なら外為オンライン

マネーパートナーズ(公式) 手数料無料、スプレッド3銭、100%信託保全

信用と実績のセントラル短資FX

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。