スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX値動き2008年12月12日(金)朝

なだらかにレンジ内の値動きかと思われたが突如、日本時間の夕方からドル安の流れが起こった。

この1週間はアメリカの自動車大手3社ビッグスリー(GMゼネラルモーターズ、フォードモーター、クライスラー )の救済法案を巡って過敏に動くアメリカ株の値動きに大きな影響を受けているようだ。
この法案、下院では可決されたものの上院での審議は不透明な部分もあり、この荒っぽい値動きに繋がっている模様。

ドル円は安値を更新し一時91円14銭まで切り下げた。
本年の最安値90.84更新まであと僅かまで迫ったもののなんとか留まった様子。
つられるようにポンド円も円高へ傾くが戻してきている。
特にユーロがドル安を牽引しているかもしれない。
値動きがとても激しく、荒っぽい。

これだけの値幅があればデイトレで、うまくはまると大儲け、一旦狂うと大損になりがちな展開であるが、昨日を受けて荒っぽい動きが継続する可能性もある。慎重に行くなら来週まで様子見となろう。

本日は週末要因も含めNYクローズでは手仕舞いの動きとして急騰急落には気をつけたい。

クロス円は総じて円安傾向、但しドル安としてドル円だけは円高方向の雰囲気となっているようにも取れるがどうなるか。

外国為替証拠金取引なら外為オンライン

マネーパートナーズ(公式) 手数料無料、スプレッド3銭、100%信託保全

信用と実績のセントラル短資FX

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。