スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX値動き2008年12月17日(水)朝

米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)にて政策金利を予想の0.50%を越える0.75%の利下げを発表。
現行の1.0%からアメリカ史上最低の0~0.25%目標範囲を設けることを決めた。

これを受けてドル安が進み、ドル円は88円台まで円高が進んでいる。

ドル安により、ポンド米ドルが上昇。
ポンド円も上昇しドル円との連動性は薄れている模様。

ユーロドルも上昇し、ユーロ円も上昇。

アメリカ政策金利発表で利下げが折込済みとならずサプライズとなったことで米ドル売りが強まる可能性が高い。

但し当局の円売りドル買い介入には注意したい。レートチェックの噂や要人の口先介入だけでも大きく戻す上昇の可能性もあり。

外国為替証拠金取引なら外為オンライン

マネーパートナーズ(公式) 手数料無料、スプレッド3銭、100%信託保全

信用と実績のセントラル短資FX

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。