スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX値動き2009年1月9日(金)昼

日本時間昨夜BOEは政策金利を0.50%引き下げ1.50%と発表。
ポンドは大きく上昇しかし、その後は軟調という展開。

現在、ドル円はかなり弱気。
ポンド円は上昇しても下落してもおかしくない雰囲気で予想は困難。

テクニカルにしたがうならドル円を売るのが正解という印象。

昨日の筆者のデイトレについて。

昨日の記事の直後に指値を入れショートが夕方利益確定していた。
政策金利発表22:30ポンド利下げを予想、ちょうど時間足が雲の中で下限に位置していたので暴落と考え新規注文しようとするも様子見にしたところ30分間で250pipsほどの暴騰。
見送って正解であった。

その後、時間足の雲や基準線を上抜けたのを確認してロング注文。
思惑通り利が乗ったが、5分足を見てみると天井感が出てきたため、139.90で利益確定。その後確認すると140.05が最高値で暴落していたので、あのまま欲張って粘っていれば利は無かったはず。ラッキーなトレード、2戦2勝であった。


本日22:30にはアメリカ雇用統計の発表。
これを受けてまとまった値動きがありそう。

それを見てからのトレードでもよいか。

22:30 アメリカ雇用統計:非農業部門雇用者数

外国為替証拠金取引なら外為オンライン

マネーパートナーズ(公式) 手数料無料、スプレッド3銭、100%信託保全

信用と実績のセントラル短資FX

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。