スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年7月4日(金)昼までの値動き

数円動くと思われたが値動き的にはそれほどでもなかった。
しかし短い時間の間で相当に激しく荒々しい値動きが続いた。
30~60pipsを数分から30分程度で行ったり来たり。
浅めのストップで参戦された方は損切りの連続だったかもれない。
そして予想通り予想をはずしてユーロ売り、ドル買いとなった。

ユーロは利上げだったが折込済み、この先の連続利上げ期待が不透明に
なったことや、そこまでの達成感から売られたようだ。

雇用統計などアメリカ指標は全て悪い結果となったが、ユーロドル
につられてドル買いの動きが優先された。

最高値106円92銭まで到達、現在は落ち着きを取り戻し106円70銭あたりを推移。

本日はアメリカ独立記念日によりNY市場はお休み。
今週最大の値動きは昨日で終わったものと思われます。

テクニカルで判断するならばドル円はまだ上値を抑えられているように見える。逆に言うとここを突破すれば急上昇だったが、そうはならなかったことで、一昨日までの見通し通り下落の道を辿ると思われる。

来週は洞爺湖サミット。サミットからの大きな影響はないと思いますが、為替のほうはどう動くでしょうか。

外国為替証拠金取引なら外為オンライン

マネーパートナーズ(公式) 手数料無料、スプレッド3銭、100%信託保全

信用と実績のセントラル短資FX

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleRSSフィードsidetitle
ダイエットで簡単に痩せる方法 脂肪吸引で失敗したくない ジュエリーアクセサリー宝石箱
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。